「謡声」(MUCC14枚目のシングル)収録曲感想

CD紹介

試聴

収録曲感想

謡声

夕焼けを背に、青春に向かって走っているのかなと思えるほど、爽やかな疾走感と熱量を感じる曲です。

時々止まって、全力で叫んだり笑ったりもしているように感じられます。

どしゃぶりの勝者

何だか泥まみれになっても勝つボクサーみたいな、重厚な雰囲気の曲です。

重厚なんだけど、しっかり大地を踏みしめながらフットワーク軽く跳ねている感じもあります。

暗いんだけどその底に、必ず勝ってやる、みたいな確実な芯のある意思を感じます。

五月雨

重厚感も疾走感もあります。

そんな中で、凄く哀愁の漂う世界が文字数いっぱいな感じで詰め込まれています。

なので言葉が生み出すリズムも耳に心地良いのに、描く世界だけが本当に哀しい……

視聴環境

音源:Apple Musicロスレス音源

スマートフォン:Xperia 10 Ⅲ(DSEE Ultimate)

BTレシーバー:FiiO BTR3K

イヤホン:TRIPOWIN×HBB Mele

リンク

MUCC記事一覧
シングル1.娼婦/廃2.赤盤3.青盤4.負ヲ讃エル謳5.水槽6.我、在ルベキ場所7.路地裏 僕と君へ8.モノクロの景色9.ココロナイマチ10.雨のオーケストラ11.最終列車12.ガーベラ13...

コメント

タイトルとURLをコピーしました