ゴールデンボンバーツアーファイナル「楽器を弾いたらサヨウナラ」を見てみた!

ライブレポート

セットリスト

OP動画
SE.ワンマン不安

1.THE 我慢

2.暴れ曲

3.抱きしめてシュヴァルツ

4.首が痛い

5.毒グモ女

6.かまってちょうだい///

7.動画

8.演劇1

9.死 ん だ 妻 に 似 て い る

10.演劇2

11.男心と秋の空

12.演劇3

13.さよなら、さよなら、さよなら

14.演劇4

15.HEN

16.咲いて咲いて切り裂いて

17.101回目の呪い

18.Dance My Generation

19.キスミー

20.#CDが売れないこんな世の中じゃ

アンコール

21.ホテルラブ

22.女々しくて

23.ED動画

24.さらば

W アンコール

25.動画

26.おさかな地獄

27.やり残した女々しくて

感想

ゴールデンボンバーのライブとして見るのはクリスマス以降でしょうか……

まさかの、エアーバンドなのに実は生演奏したいメンバーがいる設定でのツアー!

1曲目はツアーに向けて書き下ろしたであろう新曲がいきなり姿を現しています。

その曲も結構激しい曲だったのに、続けて2曲目が暴れ曲って所がもう、金爆さんの爆速で会場を盛り上げてやろうという心意気をガッツリ感じます。

今回の抱きしめてシュヴァルツのネタは、主役級の大役をやりたいと言いながら鯛の格好で出てくる喜矢武さんと、腹筋太鼓が得意だといいながらずり落ちて脱げたり失禁したり(勿論、細いホースを仕込んでいると思います)散々な研二さん。

鯛のネタに至っては1回元に戻った後、「首が痛い」の曲で、痛いね痛いねと歌うのに合わせて再度登場してくる面白さ。

シュヴァルツではきょとんとしてしまった方でも、「もう1回出るんかい!」とわかりやすく突っ込める笑いだったかと思います。

次に気になったのは、「かまってちょうだい///」

振り付けがバックに音ゲー風に表示されていてとてもわかりやすかったです。

ただ、GACKTさんがあの映像とかあのライブ映像でやってたなぁというのが頭にちらっと過ぎりはしましたが、でも単純にわかりやすくてノリやすいので他のアーティストさんにも広がって欲しいなぁと思う所だったりもします。

演劇前の動画は、熱々のローションを頭上のボウルに入れて、零さないように色々な競技を行うというもの。

ねぇ、ローションと熱々って両方面白いんだから掛け合わせたらそりゃ爆笑に決まってます。

1人で配信を見ているので爆笑というのは誤用になりますがいいんです。1人で2人分3人分大笑いするので大爆笑でいいんです。

後は喜矢武さんの段ボールダリングとか、シンクロナイズドスイミングとか、女々しくての途中から繋がっていく感動のラストとかもいいんですが……

最後のおさかな地獄が全部持っていきやがったぜ……新曲で色んな意味でインパクトありすぎて、本当に全部持っていきやがった……

演劇とバラードで感情の変化が追いつかなかったとかもうどうでも良くなるくらい全部持っていきやがったあいつ……

あれを聴いて数日の間頭の中は本気でおさかな地獄ばかりでした。

あんなん出したら次のツアーもファイナルのラスト新曲期待してしまうぜ?

コメント

タイトルとURLをコピーしました