嘘/シド~レビュー10曲目~

〜試聴〜

~嘘収録CD紹介~

・13枚目のシングル「嘘」収録

・5枚目のフルアルバム「hikari」収録

・ベストアルバム「SID ALL SINGLES BEST」収録

・ベストアルバム「SID 10th Anniversary BEST」収録




~嘘感想~

「鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST」エンディングテーマとしても有名な楽曲です

イントロから彩りを添える儚く美しいピアノ、そこに絡まっていくギター、ストリングス……

夕暮れの大空の下で1人でたっているかのような、寂しさを帯びた少しの壮大さを感じられる楽曲です。

心地よく聴こえてくるドラムのリズムは、曲の寂しさと相まって、寂しいけれど強がっている、もしくは過去を振り切って進もうとしている、そんな歌い手の姿を描いているようにも感じられます。

“あの日見た空 茜色の空を
ねぇ 君は憶えていますか
約束 契り 初夏の風が包む
二人 寄り添った”
―「嘘」歌詞より引用―

大切な人に呼びかけるような言葉から曲が始まっています。

“テーブルの上の
震えない知らせ 待ち続けて
空白の夜も 来るはずのない朝も
全部わかってたんだ”
―「嘘」歌詞より引用―

連絡メールなり電話着信なりでスマホが震えるのをずっと待ち続けていますが連絡が来る事はなく、しかしそれを主人公を何となく分かっていたようです。

“いつかまたねと 手を振り合ったけど
もう逢うことはないのでしょう
最後の嘘は 優しい嘘でした
忘れない”
―「嘘」歌詞より引用―

この歌詞がサビの明るいメロディにのせて歌われているのですから、主人公がやや強がっているような、そんな印象さえ受けます。
いつかまたね、ともう二度と会う事が無いのに希望を持たせる嘘をつく事は、果たして優しさなのでしょうか、それとも残酷なのでしょうか?
主人公は、前者で捉えたようですが……

シドの知名度を上げたのも納得の名曲ですね。




~嘘リンク~

コメント

タイトルとURLをコピーしました