流星ロケット/アンティック-珈琲店-〜レビュー32曲目〜

〜流星ロケット収録CD紹介〜

・13枚目のシングル「流星ロケット」収録

・3枚目のアルバム「極魂ROCK CAFE」収録

・ベストアルバム「アンティック-珈琲店-」収録

スポンサーリンク



〜流星ロケット感想〜

勢いの感じられるリズムと共に始まる力強い言葉で構成されるサビ、要所要所で主張をしてくる楽しげに踊るかのようなキーボードがとても魅力的な一曲です。

“かっ飛んでゆく流星ロケット 窓から見えるワタシは
見下ろしたら ちっぽけで ダサく見えた
静寂をも 吹き飛ばせる 希望が原動力へ
ロマンを手に 飛んでゆけ 銀の果てへ”
―「流星ロケット」歌詞より引用―

流星ロケットというワードから、「銀の果て」とはすなわち、銀河の果てを示しているのだと考えられます。

悩みなんて宇宙から見ればちっぽけなんだから銀河の果てまで飛んでみようぜ!

そんな明るいメッセージが込められた応援ソングなのではないでしょうか。

V系の曲を知らないという方でも元気が出てくるかと思いますので、カラオケでいっそこういう曲を歌ってみる、というのも良いかもしれません。

最後は勿論明るく、「Adios!」

こんにちは孤独/ゴールデンボンバー~レビュー2曲目~

〜基本紹介〜

・22枚目のシングル「ガガガガガガガ」収録

・2012年1月ゴールデンボンバーワンマンライブ「一生バカ」初披露

スポンサーリンク



〜感想〜

綺麗なイントロから戦え!と始まる歌い始め、思わず拳を振り上げたくなるBメロからの勢いを大切にするサビ、歌詞がかなり際どい事を除けば、こちらの方が特撮の主題歌を名乗るに相応しいのではと思えるような熱い一曲になっています。

ただし、歌詞が物凄く特殊で、カップリングとはいえこれを音源化する事が出来るとは、金爆ぐらいしかいないでしょうね。

彼らの自由奔放なイメージがあってこそ、音源化する事が出来たのではないでしょうか。

他のアーティストやバンドでは、なかなかこういう歌詞の曲は無いように思います。いや仙台貨物ならありうるか……?

しかし、NHKさんがよくこれをカップリングにする事を許してくれたな、と思います。いやNHKさんはカップリング曲の選曲に関しては一切関与していない、と見るのが正しいのでしょうか……?

腐った海で溺れかけている僕を救ってくれた君/蜉蝣~レビュー31曲目~

~基本紹介~

・12枚目のシングル「腐った海で溺れかけている僕を救ってくれた君」収録

・4枚目のアルバム「黒旗」収録

・ベストアルバム「心中歌」収録

スポンサーリンク



~感想~

終始切なく鳴るアコースティックギターが、まるで静かに深々と積もる雪を思わせる曲です。

君の事を愛していて、とても好きなのに別れを告げなければならなくなった主人公のやりきれなさ、抑えられない気持ち、でも抑えなければという気持ちが複雑に現れながら時に穏やかに、時に叫ぶかのように歌い上げる大祐さんのボーカルがとても魅力的です。

なお、私がこの曲を、というか蜉蝣というバンド自体、知った時には既に曲を生で聴く事が出来ない状態になっており、一度で良いから生で聴いてみたかったと思う次第です。

アメリカ/鬼龍院翔~レビュー30曲目~

~基本情報~

・2枚目のアルバム「個人資産」収録

……何というタイトルのアルバムだろうか……

スポンサーリンク



~感想~

とても陽気なギターリフに、ダンサブルなピアノが、鬼龍院翔さんの持つアメリカのイメージって楽しそうなイメージなんだろうな、と思わせる楽曲です。

歌詞はただひたすらアメリカを連呼するというシュールな楽曲ですが、特に鬼龍院さんの低音ボイスが好みな人にはたまらない一曲です。

ただ、メインは色気のある低音でアメリカを連呼していますが、たまにハイトーン気味のシャウトが入ったり、ファルセットが入っていたり、鬼龍院翔というボーカルを心ゆくまで堪能出来る曲となっています。

しかし、鬼龍院さんは何故こんなにも「アメリカ」を連呼しているのでしょうか?

アメリカに対する漠然とした期待のようなもの、もしくはコンプレックスのようなものが爆発・暴走してしまった結果なのかもしれません。

洗脳/犬神サーカス団〜レビュー29曲目〜

〜洗脳収録CD紹介〜

・5番目のアルバム「神の犬」収録



〜洗脳感想〜

とても軽快なギターリフに、ボーカル・犬神凶子さんの楽しげに語るようなメロディ、やや不穏な色を見せるメロディが交互に現れる一曲です。

“三年ぶりの友人と 街で偶然出くわして
積もる話もあるからと 軽く入った喫茶店
彼女は瞳を輝かせ 一人勝手に話し出す
つくり笑いもそこそこに マニュアルどおりの言葉が並ぶ”

楽しげに語るメロディの時は、まだ騙されるなんて主人公は露ほども思っていないのでしょう、友人との久々の再会を喜ぶ、本当に楽しそうなメロディです。

“決して怪しい品物じゃないから 安心よ”
―「洗脳」歌詞より引用―

と、怪しげに語るメロディは、まさに今騙されている、という事を表現しているかのようです。

もし、誰かマルチやネズミ講に騙されている知人を知っている人にはオススメな曲かもしれません。

“洗脳解けたら全部ゴミ 洗脳解けたら全部ゴミ 洗脳解けたら全部ゴミ
洗脳解けたら……ゴミだらけ!”
―「洗脳」歌詞より引用―

と最後楽しげに歌い上げているのを聞くと、騙されている人も、もしかしたら目を覚ますかもしれませんから。他にも、マルチだけでなく、誰かが何かに熱中してしまって困っている、やめる様に説得したい、という人にも良いかもしれません。

〜洗脳リンク〜